「世界を舞台に活躍」を応援します
~留学経験者の「母校自慢」メッセージ~

「留学経験者の声」は留学経験者が母校を「自慢する」サイトです。
留学を検討中の皆さんに、留学経験者の生の声をお届けします。

「世界を舞台に活躍」を応援します
~留学経験者の「母校自慢」メッセージ~

「留学経験者の声」は留学経験者が母校を「自慢する」サイトです。
留学を検討中の皆さんに、留学経験者の生の声をお届けします。

  • Student Interviews
  • School Pages
  • Student Pictures
  • フィルタ:
  • 学校種類:
  • 国名:
  • 学校名

About This Site 「留学経験者の声」

yokoyama


「留学経験者の声」オープンにあたり アゴス・ジャパン代表取締役 横山 匡(よこやま ただし)

このたび、元受講生をはじめ様々な縁で出会った留学経験者の方々の協力をいただき、卒業生や在校生に母校自慢を含め留学体験を語っていただくサイトを立ちあげる運びとなりました。

このサイトが実現するためには、留学希望者がその思いを動かし、留学準備に臨み、合格し、そして入学、在学、卒業を経て、その体験を次世代留学希望者に伝えるというサイクルが完成しなければなりませんが、今回多くの方々がこのサイクルを完了し、メッセージ投稿に協力いただいたことは、私個人にとってもとても大きなキャリアでの喜びとなりました。

このサイトに込めた思いをブログ開設当時にも書かせていただいた二つのメッセージを借りて、この場でお伝えさせていただきます。

「関わった人の成功」 と 「関わった人をより多く巻き込むキャリア」 は私が一番意識している言葉の一つです。留学指導と言うキャリアにおいてはそれは、留学希望者が希望するステージに立てるための可能性をより高くすることことであり、留学先での実り多き日々を送れるための支援です。私にとって一年の中でももっともこだわりが強いイベントが合格者の壮行会です留学希望者が初めて留学相談に来てから1-2年かけて勝ち取った「夢実現」を祝い、喜びを分けてもらう、この仕事をしていて最もうれしいひと時でもあるのです。

そして、もう一つが 「関ったものへの感謝と還元」=Giving Back to Community です。この言葉はUCLA在学時代にバスケットボールチームに関るようになってから特に意識させられた言葉ですが、今回は 「留学経験」 を次世代に還元してくれたビデオ収録協力者の思いであらたな「場」を作らせていただきました。このような場がきっかけとなり、このサイトを見た留学経験者が我も我もと母校自慢のメッセージを加えていっていただき、「応援の輪」が広がっていくことを強く願います。

このサイトを訪れていただいた皆様には各学校の 「関った学校へのこだわり」をぜひ感じていただき、留学を希望する思いを動かすきっかけとなっていただけることを期待しています。

最後に、UCLA在学試合思い出の一枚を紹介させていただき、ご挨拶にさせていただきます。

UCLA Basketball

 

アゴス・ジャパン代表取締役 横山 匡アゴス・ジャパン代表取締役 横山 匡(よこやま ただし)
プロフィール:
1958年7月24日、東京都荒川区に生まれる。獅子座のA型。父は元オートバイデザイナー、母は元看護婦。日本での学歴は荒川区立尾久宮前小学校を極めて普通の成績で卒業。その後荒川区立尾久八幡中学校に進学。2年生の一学期終了後にイタリアに引っ越すために転出。中学中退、、、が日本における最終学歴。当時の得意科目は数学・体育・音楽。苦手は英語と美術。英語は10段階の「1」(下位1%)。
14歳から2年間をイタリアトスカーナ地方の小さな町Pontederaで過ごす。中学は現地の公立中学に。このときに友達作りのためにサッカーを始める。イタリアの中学時代にも美術と英語に悩まされる。あわや中学留年のピンチも経験。
父親の仕事の関係で16歳から約10年弱をアメリカ西海岸、ロサンゼルス地区で過ごす。最初の4年間はロサンゼルスの南1時間にあるサンタ・アナという町の公立高校で、陸上、サッカー、マーチングバンド、はじめ多くのクラブ活動で楽しく、「自信を持てる」”Education”の場に「出くわす」。
高校卒業後は家族とは離れロサンゼルスに引越しUCLA言語学部に進学。ここでも見事に「きわめて普通」の成績で卒業。UCLA在学中のハイライトは日本人初のNCAAバスケットボールチームヘッドマネージャーとして各地に遠征。クラスメートやスポーツチーム関係のつながりで、さまざまなスポーツの著名なコーチや選手と交流を深める機会に恵まれる。母校への愛校心にあふれ(?)5年在籍。
1983年秋に「初めて自分で住むとこを選べるチャンス」と、ごく自然に「日本人だから日本に帰ろう」と日本に帰国。1984年1月から、現在の留学指導・語学教育に携わり、「二人として同じ留学無し」をモットーに今に至る。
海外の教育関係者や国際交流学会などにおいて日本の留学事情についてのセミナー講師として招待されるなど、「日本における留学進路指導」において海外に主張することは主張する責任を自らに課すとともに、国際社会で活躍できる人材のきっかけ作りにこだわり、日本発のグローバルスタンダードを「教育と人物交流で自己実現のきっかけを提供する事業」で実現させることをキャリアミッションとしている。

その他、以下のような様々な社外活動で事業支援や次世代育成に関わっている。
H-LAB Advisor (ハーバード在校生を迎えて行う高校生向けサマースクール)
株式会社ワーク・ライフバランス アドバイザリーボード
UCLA Extension 日本プログラム開発ディレクター
MBAnoWA アドバイザー
JAOS 一般社団法人 海外留学協議会 理事
UCLA日本同窓会活動幹事
IEEF国際教育交流フォーラム 評議員
Project: Global Career Initiative (PGCI) 実行委員
明治大学「国際キャリア特論」寄付講座提供・講座講師
宮城学院女子大学 非常勤講師
主な外部講演実績:http://www.agos.co.jp/about/seminar/
横山 匡ブログ